大阪大学大学院 人間科学研究科福祉社会論
社会保障や高齢者・障がいのある人の福祉、市民活動に関する研究。

HOMEHOME研究活動研究活動教員紹介教員紹介授業紹介授業紹介アクセスアクセス

HOME > 授業紹介

学部でおこなっている授業:充実した卒業研究のために

人間科学部では、学部生は2年次の夏に、各研究室を選ぶことになります。
3年次前半(5セメ)には福祉社会論の基礎を学びます(「福祉社会論演習Ⅰ」)。
3年次後半(6セメ)には、自分の研究課題を決め、卒業研究に向けて本格的な研究を開始します(「福祉社会論演習Ⅱ」・「社会環境学実験実習Ⅲ(福祉社会論)」)。

■社会環境学実験実習Ⅲ(福祉社会論)

卒業論文の前身となる「ミニ卒論」(約1万5000字を目標に)を完成させます。

  1. 論文執筆はみんなで議論しながら進めていきます。
  2. 自分の関心をみんなに話し、意見交換をします。
  3. 指導教員からテーマについての文献の紹介やフィールド調査のアドヴァイスを受けます。
  4. 文献を読みながら、問題意識を深めていきます。
  5. 論文の構成を発表しながら、みんなと一緒に考えます。
  6. 執筆にとりかかります。
  7. 学期末に研究発表会を行い、ミニ卒論の完成とともに卒論までの研究のイメージを完成させます。

■福祉社会論演習Ⅱ

卒業研究のテーマがより具体的にになるように、参加者の関心に合わせて現地見学をします。

2014年度には児童養護施設、釜ヶ崎のホームレス支援NPO、認知症高齢者対象グループホーム、障害者就労施設(B型)、障害者デイサービスを訪問し、利用者の方々、福祉の現場で働く職員の方々のお話をうかがいました。現場訪問での学びは、卒業研究だけでなく、社会人となってからも心に残る貴重な体験となるでしょう。


入居者から思い出の写真の話を聞く(グループホームで)


4年次には、指導教員の助言を受けながら研究を進め、卒論を執筆します。