大阪大学大学院 人間科学研究科福祉社会論
社会保障や高齢者・障がいのある人の福祉、市民活動に関する研究。

HOMEHOME研究活動研究活動教員紹介教員紹介授業紹介授業紹介アクセスアクセス

HOME > 教員紹介 > ビクトール・A・ペストフ

ビクトール・A・ペストフ 教授Victor A. Pestoff



エーシタ・シュンダール単科大学(スウェーデン)市民社会研究科・客員教授。大阪大学国際共同研究事業により、2014年5月より大阪大学招いて教授へ。
ヨーロッパにおけるサードセクター、特に協同組合研究の第一人者。専門はサードセクターで活動する組織団体の民主的運営や政治分析。1998年に来日した折には、青森などで日本医療生協が運営する医療機関等の調査を行い、2012年に来日した折には長野県佐久総合病院(JA厚生連)の視察を行い、日本の協同組合研究に強い関心を持つ。
1941年1月24日アメリカ生まれ。1963年 カリフォルニア大学ロングビーチ校卒業後、ストックホルム(スウェーデン)、パリ(フランス)、オスロ(ノルウェー)で学び、ストックホルム大学で1977年に博士号(論文タイトル「ボランタリー組織と北欧の政党システム」)。
 サントぺテルスブルグ大学(ロシア)で行政学研究センターを立ち上げ、その後、ヘルシンキ大学(フィンランド)、金沢大学(日本)客員研究員、1996-2002年セーデルトーン大学(スウェーデン)教授、2002-2008年オステルスンド大学(スウェーデン)教授を務め、現職に至る。EMES(ヨーロッパ・サードセクター研究者ネットワーク)の立ち上げにかかわり、現在も同学会の中心的な役割を果たしている。

主な著作

  • A Democratic Architecture for the Welfare State (2009)
  • Co-Production. The Third Sector and the Delivery of Public Services (ed.) (2008)
  • Beyond the market and state: social enterprises and civil democracy in a welfare society (1998)(藤田暁男他訳『福祉社会と市民民主主義―協同組合と社会的企業の役割』日本経済評論社、2000年)
  • Reforming Social Services in Central and Eastern Europe - an Eleven Nation Overview (ed.) (1995)
  • Between markets and politics: co-operatives in Sweden (1991)(藤田暁男他訳『市場と政治の間で:スウェーデン協同組合論』晃洋書房、1996年)
  • Organizations in negotiated economies: Sweden and the Nordic countries (1989)
  • Näringslivsorganisationerna och politiken i Sverige (1989)
  • Konsumentinflytande och konsumentorganisering. Den svenska modellen (1984)
  • Voluntary associations and Nordic party systems: a study of overlapping memberships and cross-pressures in Finland, Norway and Sweden (1977)