大阪大学大学院 人間科学研究科福祉社会論
社会保障や高齢者・障がいのある人の福祉、市民活動に関する研究。

HOMEHOME研究活動研究活動教員紹介教員紹介授業紹介授業紹介アクセスアクセス

HOME > NEWS > NEWS

NEWS

福祉社会論研究室では、過去5年にわたる国際共同研究を基盤に、ヴィクトール・ペストフ教授、ヨハン・バムスタッド准教授(共にエーシュタシュンダール大学(スウェーデン))とともに、医療と介護の提供におけるサードセクター(非営利セクター)の役割に関する研究として、日本の医療機関と介護事業を対象に大規模なアンケート調査を実施しています。
このアンケート調査は日本の医療機関、介護事業者で働く職員の方々の意識調査で、主に専門職の方々とサービス利用者や地域とのつながりや関係についてお尋ねしています。
地域に開かれた医療、地域に開かれた介護が求められる中で、その現状を統計的に明らかにしながら、課題を整理し、地域包括ケアの構築に向けた提言を目指しています。
以下、参考資料です。

終末期を支える在宅医療.PDFLinkIcon
地域がつくる医療と介護.PDFLinkIcon
スウェーデンの包括ケア.PDFLinkIcon